« 昨夜から体調が最悪です。 | Main | 生きるか死ぬかでした。 »

一日寝込んでいました。体調不良と精神的ショックからでした。

今日も調子は良くありませんでしたが、それでも朝食を済ませて食器を片付けに行きました。
その時に母と少し話をする形になりました。

私の母は非常に正しいことを行う”正義(ジャスティス)”の人です。基本的に親切で優しい人なのですが、相手を思いやり正義を貫く際に”人情”という感情を時にまったく無視する傾向があります。

話の概要はこうです。明日の午後、今通所している自立支援カレッジでの活動が1年経ったことで、これまでの経過と今後の取り組みを話し合うために、保健センターの人と、カレッジの所長さんと、僕の3人で相談することになっているのです。

そのことについて母と話になり、母は「お前はもう社会的に自立は無理だと思う。だとしたらあまりそこでの活動にこだわらずに、何か保護を受けるような方向を模索しても良いと思う。場合によっては家を出て施設に入ることも考えてもいいのでは無いかと思う。」と言ったのです。

正論と言えば正論かもしれません。でも、これを言ったら全ておしまいです。

あまりの母の言葉に今日はその後まったく立ち直れなくなりました。体調がひどく悪くなり起きていることさえ出来なくなったのです。
パソコンをいじったり、テレビを見ることさえ出来ませんでした。

生きる望み、かすかな希望、全て断ち切られた気分です。もう死んでもいいのかもしれません。

|

« 昨夜から体調が最悪です。 | Main | 生きるか死ぬかでした。 »

Comments

隼人さん、お久しぶりです。コメントは滅多に書いてないけど引き続いて毎日日記を拝見しています。文字数があるので新年の挨拶は今年もよろしくお願いします、簡単ですみません。
昨日の日記を読んだ途端、ドキドキ動悸がしてきました。お母さまがおっしゃった言葉がまるで私に言われたように感じたからです。
私自身、自分の病気がどうなるか、とにかく完治はないけど出来るだけ良い所までいけばと思っています。が、私は母と二人暮らし。年々老いていく母とメンタル病の娘と。母がなにかで急死したら本当に一人になるけどどうしようという不安が数年前からあります。病院でそれを言ったら一人で生活が無理ならそういうグループホームがあります、と言われたけど、それが隼人さんが言われた施設的なものか、やっていけるのか自信ないけど。病気を持ちつつも親は順番では先に旅立つからその時のために準備をしなさい、ということですかね。
わかっているんだけど動悸が止まりません。

Posted by: あすみ | January 14, 2014 at 01:11 PM

あすみさん、こんばんは。いつも読んでいて下さりありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

あすみさんを不安にしてしまって申し訳ありません。

この数日の記録はあまり人に見せる類のものではないかもしれません。
それでも忘れ去ることは許されないので公開しています。

母のいう事はたしかに正しいのかもしれませんが、いつも唐突で、迷っているところにさらに選択肢を増やし、結論的に僕をどうしようも無い袋小路に追い詰めていくんです。いつもです。

今日一応、今通っている施設の通所を一年延ばしてもらいました。

とりあえず考える余裕を作ってもらったと言う感じです。

内容的には首をかしげるような活動内容でしたがそこは清濁併せ飲むしかないのかも知れません。

今は一度病院に連絡を取りたいと思います。不幸なことに今日は臨時休診らしく電話が通じません。明日は休診日です。

僕としては入院も視野に入れ、少し考える時間が欲しいところです。

ここしばらくはいろいろと変化が起きるかもしれません。

あすみさんが読んで下さっていると思うと心強いです。いろいろと方法はあるらしいので何とか最善の道が取れればと思います。

コメントありがとうございます。見守っていて下さい。
僕も今は余裕がないので少しずつ出来ていったことから記していきたいと思います。

Posted by: 飛高隼人 | January 14, 2014 at 06:11 PM

隼人さん、隼人さんの日記のせいで不安に、という意味ではないので、これからも日記の更新を楽しみにして、また、参考にしていこうと思ってるので遠慮なく書いてもらえればと思います。
実は先日うちの母も似たようなことを言ったのです。「私だっておばあさんと言われる年だよ、今は元気だけど人間だしいつどうなるやらわからない。居なくなったらその途端にあんた一人でなにかもしなきゃいけないけどいくら病気だから出来ませんじゃ済まないことはあるんだよ、どうするつもりか知らないけどもうその時には助けてやれないんだから」返答のしようもなかったです。
これはもちろん隼人さんのケースとは違います。隼人さんはなにかと整った都会に住んでられるので、それなりの生き方を見つける手段があると思うのです。うちはその点だけでも田舎ですので交通手段一つとっても不便で。
現在隼人さんが通所されてる施設に通われることは効果的だと私は思うのです。そういう場所に通うことは生活のリズムを作ってくれるので家でゆるゆると過ごすより気持ちが引き締まると思うのです。通う場所があると毎日行く場所という目標があるのでいいなあと思います。
その先は体調に合わせた選択枝はいろいろ出てくるはずなので隼人さんにも道はひらけるはずですので、焦らずじっくり進んでください。
こういう病気を持ってる私だから書きますが、地道に頑張りましょうね。
お返事嬉しかったです。

Posted by: あすみ | January 14, 2014 at 06:59 PM

あすみさん、おはようございます。今朝は早く起きましたが、それほど不調では無くありがたいなと思っています。

あすみさんのお母様が仰ったことが、まさに僕も言われたことでした。
特にあすみさんが仰るように僕は東京在住なので、福祉関係も非常に今変わってきているのだそうです。
母は弟が知的障害者だったためにそちら方面の情報を多く得ており、これから福祉も変わっていくだろうと言っています。

僕も昨日の段階ではまだ気持ちの整理が付かず、身体もきつかったことから少ししがらみと縁を切って、ゆっくりと考える時間が欲しいと考えていました。
でも、今日はまた通所してもいいかなとも思っています。

日々刻々と状態も変わりますし、今は出来ることを精一杯やるしかないと思います。

あすみさんもなかなか今は丁度いい対応が見つからないかもしれませんが、福祉のあり方はこれからどんどん変わると思います。
地方には地方のやり方も出てくると思いますので諦めないで下さいね。

度々コメントして下さりありがとうございます。ともに頑張って生きましょう。

Posted by: 飛高隼人 | January 15, 2014 at 04:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56131/58938382

Listed below are links to weblogs that reference 一日寝込んでいました。体調不良と精神的ショックからでした。:

« 昨夜から体調が最悪です。 | Main | 生きるか死ぬかでした。 »